So-net無料ブログ作成

きんちゃん緊急手術! その1 [きんちゃん]

それは突然起こったのでした…


10月13日(日)

ももきんの小屋は人間の寝る部屋と同じ部屋にありまして
明け方から小屋の中で、きんちゃんはモソモソと
何やらずっと舐めてる音がしてたのですが。

朝、小屋の扉を開けてやると
飛び出してくるきんちゃんと
その、きんちゃんの小屋にすっ飛んで行って
匂いを嗅ぎまくるももちゃん。
ん? 吐いたかな?
小屋を確認するも、吐いた形跡はなし。
でも、敷いてあるマットは舐めまくったように濡れている。

昨日(12日)の朝も吐いたんだよなー
薄い茶色っぽいのを少し…

朝ごはんの用意をしている間に
トイレを済ませたようですが
普通だったよ? と、片付けをしたとーちゃん。

ご飯、完食するものの、非常にもそもそゆっくり食べる。
まぁ、最近はご飯に不味い薬が入ってるもんだから
警戒しつつ食べている様になってたんですけどね
(そして、薬だけペっと出す^_^; )

しばらく様子を観察していると
やたらに陰部を気にして舐める、ナメる、なめる。
そして、ももちゃんが追いかけて、舐める、ナメる、なめる。
ああーん?? なんだ? なんだ?

抱き上げて確認すると
薄い薄い茶色のウミ?が垂れ落ちて、あらららら( ̄◇ ̄;)
歩き回るたびに、ボタボタボタ。
これは絶対におかしいに間違いない。


image-20131016153251.png
(色を変えてあります)


慌てて病院に連れて行くも、生憎と日曜日。
午前中しか診察してないこともあってか、混み混みー!!
待合室に入れず、駐車場で待ってる間にも地面にボタボタボタ…。
あんまり垂らしても悪いので、持参した紙オムツをはかせて
抱っこして待つこと1時間以上。


image-20131016151211.png


よーやく呼ばれて診察室に入ると
がびょーん、何時もの担当医はお休み。
医院長先生も途中でお出かけしちゃったしー。
不安、不安、ふあーん倍増120%
(注:この病院はお医者さまが7〜8人いるのです)

で、何時もの担当医に代わって診てくれた先生。
症状から診て、たぶん子宮蓄膿症だろう、と。
一旦、病院に預けて
レントゲン、エコー検査、血液検査をすることに。
結果が出たら自宅に連絡をもらう事になり、帰宅。

私はオーケストラの大事な練習が入っていたので
遅刻で参加、病院→自宅→とーちゃんから連絡きしだい早退。
そわそわそわー。
とーちゃん帰って来てる時でヨカッタ。

きんちゃん、どうなるっ!?

その2へ続く。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

ヨンタロー♀

そ、そ、それで…?
by ヨンタロー♀ (2013-10-17 20:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。