So-net無料ブログ作成
検索選択

きんちゃん緊急手術 その2 [きんちゃん]

前回の続き、です。

16時近く、病院から検査終わったと
とーちゃんからLINE入る
すびばせんっ、帰りますっ!
と、オケ練習を早退してきたーく。
何だって?と聞いたら
「画像見せながら詳しく説明します」だそうで
病院へ急ぐとーちゃんとかーちゃん。


image-20131018153503.png
レントゲン写真
子宮のあたりがモヤモヤと大きく腫れている


image-20131018153551.png
エコー
腫れて巨大化している子宮その1
黒い液体内容物(たぶんウミ)中に白い塊もある
大きさは大体、85.2mm × 46.7mm と 14.5mm × 24.2mm

あー、私初めて知ったんですが
わんこの子宮って2つあるんですねー(O_O)

血液検査の結果
赤血球・血小板・白血球 ⇒ 正常値
腎臓・肝・胆のう・タンパク・電解質 ⇒ 正常値
ところが、
CRP(場所は特定できないが、どこかで炎症が起きている) ⇒ OVER !!!
測定値を振り切った、がびょーんΣ(゚д゚lll)

ここでひとつ問題。
きんちゃんは抗がん剤を投与してます。
10/4に。
この具合が悪くなった2日前にも血液検査をしてて
白血球数は標準値内でしたん。

普通、お腹に炎症があったりすると
白血球数が、びよーーんと数値が上がったりするもんですが
抗がん剤は、副作用のひとつとして白血球数を減少させます。

つーまーりー
検査結果の正常値な白血球数は、ニセモノという可能性が!(◎_◎;)
これ、恐ろしい。
どこかで何かが起こっていても、騙されるコトもあり得る。
もし、2日前の検査で異常に気づいていたら……なんか出来たかしらん??

ま、総合的に診て、子宮蓄膿症に間違いないないだろう、ってコトで
どっちにしろ手術ですがね。

手術。
誰やるの?
医院長先生は今日は帰ってこられない。
何時もお任せしている担当医は具合が悪くて出てこられない。
翌日なら両人ともいるかもしれないけれど
子宮蓄膿症は緊急性の高い病気で、即手術となるのが普通。
う…出来れば、きんちゃんの事をよく知ってくれてる
慣れた先生の方がいいに決まってるけど、けど、けど…

ここで、とーちゃんの鶴の一声。
「延ばしたって何もイイコトなんてないんだから今日お願いします」

かくして、午後休診の日曜日にもかかわらず
スタッフの準備が整い次第、緊急手術することになりました。

どうなる、きんちゃん!?
(まだ続く)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。