So-net無料ブログ作成
検索選択

あけましておめでとうございます [コーギー]


image-20140107212055.png
世界遺産の富士山より、新年のご挨拶( ´ ▽ ` )ノ

すーーーーっかりご無沙汰しております。
ももきん共々、元気でございます。

きんちゃんは、時々お腹がゆるくなったり
皮膚がカイカイになったりしてますが
抗がん剤を始めてから、今週ではや39周目
元気に通院・投与を続けておりまする。

そう、とっても元気に…(笑)。

昨日(1/6)、病院に行った時
主治医の先生が
「(3月に手術してから)もうすぐ1年かぁ…」と、しみじみ言い出したのは

実は手術後1年の生存率は10%ぐらいと診ていた、という驚きの事実!!
聞いてないすよっ!

「いや、あまりにも悪過ぎて言ってなかったから…」←先生

切り取って病理に出した患部は、非常に悪性度が高かったコト
CTで見られた肺の影は、
その時の状況からガンが転移していたモノと考えていたコト

そういやあ、院長先生がチラッと
ステージ5」と言っていた気が…(^^;;

しかーーーし!
その後、レントゲンで見る限り
肺の影は消えてしまったのだ、うはは。

大きくならないように抗がん剤を続けていたのに
小さくなるコトはあっても、消えるなんてコトはまずないそうな。

勝った…勝ったぞ…ぐはははははー*\(^o^)/*

「きんちゃんみたいな例は初めてです」←先生
きんちゃん強い子、元気な子♩

「もう、こうなったら記録を更新しちゃいましょうか」←先生
おお、挑戦しますよっ!

「16歳くらいまで」←先生
…それ、フツーのわんこの寿命ですよ(笑)

もっかのところの悩みは、抗がん剤の止め時。

肺の影が残ったままなら、迷わず続けるのだけど
消えちゃったし…でも途中でやめたら再発するだろうし…
再発した時に再び、いい具合に効くかどうかわからないし…
でもずっと何年も(それこそ5年も6年も)投与し続けたくないし…
きんちゃんを実験みたくにしたくないし…

以上、ぐちゃぐちゃと主治医の先生の弁。

なにはともあれ
去年の桜は、きんちゃんが手術ー入院
非常にしょぼぼーんとした、ももきん家でしたが
今年はお花見宴会出来そうだなー♩
早く桜、咲かないかなー♩

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

たくでふ

あけましておめでとうございます!
いつまでも元気にいきましょー
by たくでふ (2014-01-07 22:44) 

ヨンタロー♀

あけおめです!
あー、よかった。
更新がないから心配していましたよー。
でも元気なら、つか治った?なら問題なし!
おめでとー!!!
by ヨンタロー♀ (2014-01-08 15:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。