So-net無料ブログ作成
検索選択

奇跡のワンちゃん!! [明るく楽しい癌闘病記]

2月26日 (水) 46週目

今日は13回目の抗がん剤投与日。
お昼のお弁当(カリカリだけど)持って準備完了。
病院へは11時半到着。

だけども、待合室はさほど混んでないのに
1匹ずつの患畜さんの診察が長いのか
待つこと1時間、お腹すいたー!

ようやく呼ばれて診察室へ。
抗がん剤の前の検査項目を確認。
何時もの血液検査(白血球数などを計る)に加えて
BUN(尿素窒素)を計る生化学検査。
そして、肺の影の有無を確認するためのレントゲン。

レントゲン、どうかどうかキレイな写真でありますよーにっ!

そして…

ない! やっぱりやっぱり、肺に影なんて見当たらないぞー*\(^o^)/*
うっひょー♩

諸々の結果をみて、主治医の先生と話し込む(診察時間はとうに過ぎてるけど)
抗がん剤、どうする? どうする?

そして大いに悩みつつも出した結論は…

抗がん剤投与、終了!!
きんちゃん、よく頑張った!
どんどんどん、ぱふぱふぱふー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


image-20140226170134.png
えへ(≧∇≦)



今後の治療方針としては

1.レントゲンを月に1度撮って、肺の様子をチェックしていく
2.定期検査(血液検査)は、2〜3ヶ月に1度
3.トリミング時に身体測定
4.飲み薬(毎日飲む錠剤)は継続


そう、抗がん剤投与終了とは言っても
完治した訳ではない、ので(たぶん)。

これは、ある種のカケ、でもあります。
やめたコトによって、再発するかもしれない。
再発した時に、今までの抗がん剤が効くかわからない。

けど、けど
抗がん剤ってのは、言わば「毒を盛って毒を制す」みたいなモノだから
打たなくて済むのなら、毒をわざわざ身体に入れなくても…ねぇ?てコトに。
その代わり、日々の変化や検査はより詳しく気をつけねば。

去年の3月に手術して、4月から始まった抗がん剤治療も
12回投与、46週目で、ひとまずオシマイ。
その間、子宮蓄膿症の緊急手術もあったけど、
ブリーダーさんに元気な姿を見せられたし
富士山も登ったし(笑)、誕生日だって迎えたし、
大好きな雪遊び旅行も2回行ったし。
かーちゃん、更に気合を入れて頑張りますよっ。
今夜も舞茸トッピングご飯だよー。

きんちゃん、毎日楽しく笑って病気なんて吹き飛ばして過ごそうね♩

「おっ!奇跡のワンちゃん!!」
先週、手術以来、久々に会った医院長先生が言ったコトバ。
病院側も、ここまで復活するとは思ってなかったようで。
ふっふっふ…
まだまだ奇跡を起こしますぜぇ〜〜い(^_^)v


image-20140226202930.png
おとーさんがお祝いにと
きんちゃんカラーの花束を買ってきましたが…

「メロンじゃないの?」byきんどん



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

たくでふ

きんちゃんよかったー
すごいですねー
いつまでも元気なきんちゃんを見せてください(*´Д`*)
by たくでふ (2014-02-26 17:33) 

うちゃぷ

きんちゃんヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪
コギコギパワーですね。

ずっとずっと、ママ達に可愛い笑顔を見せてあげてね。
by うちゃぷ (2014-02-27 16:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。